ほとんどの人は、「成長したいですか?」と問うと、「はい」と答えるでしょう。 でも、「仕事以外で特別な自己啓発をしていますか?」と尋ねると、「いいえ」と答える人が大半ではないかと思います。 自律、自己責任での成長はあまり考えられていないようです。
① 成長したいという思いは漠然としていて、目標や方向性が具体的になっていない。
② 成長を遂げたあと、自分にどんなメリットが生じるのかイメージできない。
(急に昇進したり、給料が格段に上がったりするとは思えない)
③ 日常の仕事が忙しく、じっくりと考える時間的、精神的な余裕がない。

社員の実情はこんなところでしょうか。 お稽古事、資格の取得などの「自分探し」の旅に出ている人も少なくありません。 ただ、それらは「とりあえず気を紛らす」といった感が拭えません。 結局、「自分探し」はあくまでも受動的な行動であって、いつ自分が見つかるか、というよりも自分のやりたいことが見つかるかという保障はありません。 だから、主体的に自分の人生を創っていくしかないと思うのです。 難しいとは思うのですが、先に「志」とか「目標」をもって行動するしかないと思います。

次の記事へ