社員が自律に向かうためには、前項の「生理的欲求」「安全欲求」「社会的欲求」が満たされ、社員の間で「絆」が結ばれる必要があります。そのためには、
① コミュニケーション:言いたいことが言い合える環境にある
② 共通の目標:チームとして、組織として目指すところが共有化されている
③ 役割の分担:各人の役割が明確になっており、困った時には助け合える環境にある

こういうことが整っていないといけません。 こういう条件が揃ってこそ、社員に貢献意識が芽生えてくるのでしょう。