企業の人材マネジメントの実態についてのコラムです。

現在会社で起きていること

現在は、「顧客にとって価値あるものを、いかに生み出し続けられるか」ということが、企業の生き残りの鍵となっています。 いくらいいものを作っても、「顧客にとって価値がなければ売れない...

詳しくはこちら

経営者とのやり取り

以下のことは、私が中堅・中小企業の経営者にお会いしたときに必ず聞くことです。「10年後、今の事業はどうなっていると思いますか?」「もうないだろうね。もっと大きなサービスの一環に組...

詳しくはこちら

将来ビジョン

また、こんなやり取りもよくあります。「経営理念や将来ビジョンを伝えていますか?」「ことあるごとに自分が発信したり、ポスターなどで伝えたりしている」「社員は経営理念や将来ビジョンを...

詳しくはこちら

社員は本当に課題が見つけられないのか

社員は真面目に一生懸命に仕事しているのだから、問題に気づかないわけがない。 自分の担当する仕事で、自分の権限の中で解決できる問題であれば、社員はそれなりに創意工夫をして仕事を改善...

詳しくはこちら

結局社員にはやる気があるのでしょうか?

社員は割り当てられた自分の仕事に一生懸命です。 責任感が強く、困難やトラブルをうまく解決しながら、毎期の目標達成に向けて取り組んでいます。 でも、自分の仕事は会社全体の中でどう位...

詳しくはこちら

上司だって一生懸命

管理者も組織の業績を達成させようと一生懸命です。 部下の顔色を窺いながら、何とか部下のやる気を引き出そうと、あの手この手と手を尽くしています。 内心は「こいつはおれのことどう思っ...

詳しくはこちら

管理者をそうさせてしまったのはいままでのマネジメントの弊害

思考力テストを実施したら、たぶん最低点を取るのは管理者です。 年齢とともに思考力が衰えるのでしょうか。いいえ、そうではありません。 思考力を鍛えていないからです。管理者は多忙です...

詳しくはこちら

経営トップの期待と社員の認識のギャップ

会社は社員に対して以下のことを期待しているようです。① 会社の業績達成に向けて、自分の役割を果たすことで貢献してもらいたい。② 会社のビジョンや理念に賛同し、いつも念頭においた行...

詳しくはこちら

人は「成長」したいのだろう

ほとんどの人は、「成長したいですか?」と問うと、「はい」と答えるでしょう。 でも、「仕事以外で特別な自己啓発をしていますか?」と尋ねると、「いいえ」と答える人が大半ではないかと思...

詳しくはこちら

人材の育成、まず何から着手するか?

まず、「社員は業績目標を達成させるための資源である」というコントロールをベースとした考え方から、 「投資をするものであり、成長を支援し、成長の場を与えることで、新たな価値を生み出...

詳しくはこちら

社員の自律に向けて

社員が自律に向かうためには、前項の「生理的欲求」「安全欲求」「社会的欲求」が満たされ、社員の間で「絆」が結ばれる必要があります。そのためには、① コミュニケーション:言いたいこと...

詳しくはこちら